【スポンサーリンク】

青木理氏 テレビ局や世論が「韓国批判一色」危惧に、ネットが炎上

 1日に放送されたTBS系列の報道番組「サンデーモーニング」にコメンテーターで出演したジャーナリストの青木理氏の発言が大きな環境を呼んでいる。

 

 番組では、韓国のソウル市内で安倍晋三首相を批判する集会が開かれた一方で、文在寅大統領について批判する集会も開かれたことを紹介。韓国軍が竹島で行った軍事訓練を米国務省が批判したことや、文氏の側近で次期法相候補のチョ・グク氏に娘の不正入学疑惑が浮上していることなど、韓国国内で一部の有権者から文政権に不信感が募っていることなどを報じた。


 青木氏は悪化の一途をたどる日韓関係について、「ちょっと冷静になって中長期的に考えたら日韓共に得なことが一つもないんですよ」と指摘。「唯一あるとすれば、お互いに一泡吹かせてやって、ちょっとスッキリしたというカタルシスですよね。そんなことのためにこれ以上、対立続けていいのかっていうことを考えなくちゃいけない」と問題提起した。


 また、日韓のメディアや世論を対比した上で、「ちょっと気になっているのは、韓国では比較的、文政権のやり方おかしいんじゃないかっていう声が出てきて、これまで反日一色だったのが、韓国の世論が多様化している感じがするんですよ」と韓国国内に起きている変化を説明。「ところが日本はどうかというと、ほぼ韓国批判一色、どころか、言いにくいんだけど、この局なんかも含めて非常にテレビで乱暴な韓国なら何を言ってもいいんだみたいな状況の人たちがたくさん出てきて、またみんなで煽っているという状況になっている。本来、政治とメディアが煽っちゃいけないのに、煽ってちょっといい気になっているっていう風潮がむしろ日本が強まっているっていうあたりが僕はここのところすごく気になっている」と危惧した。


 ネット上では青木氏の主張に対し、反論の声が殺到している。「韓国の世論の多様化?あの国の人たちはいつも誰かを攻撃するために集会を開いているじゃん。今の文政権批判は『反日はおかしいよね!』ってことじゃないし。反日に関しては左も右もブレていないでしょ。それこそ中長期的にみたら韓国と付き合うことの方がデメリットは大きいでしょうが」、「どちらかというと、韓国を擁護している新聞、ネットニュースの方が多いと感じています。もっと、日本のメディアなのだから、日本贔屓でもいいのではないかと思うくらいです。明らかに、向こうの反日の煽り方の方がひどいです」、「的外れです。法の概念が、民族感情より下位にあるのが原因です。正しい『法の精神』を外国で学んだ指導者が不在なのが根本問題なのです。国内の大学で学んだ法と世界の法の概念が違うのが問題なのです」などの指摘が。

f:id:imp0201:20190901105125j:plain

 「青木理の言う事にも一理ある。あると思うが原因がある。その原因も語らず納得出来ないな!そもそも、日本人は冷静だと思う。熱くなっているのはお隣さん!確かに連日、ワイドショーやニュースで日韓関係やっているけど、騒いでいるのは、その周辺だけでしょう」、「まあ確かに言動や行動は気をつけないとね。下手打つと彼らと同類になってしまうから、そこは気をつけないとね。明らかに原因は向こうなんだから、粛々と突っ込まれるポイントを潰しつつ距離を置く、関わりを減らすのが正解だと思うんだけどなー」など青木氏の意見に部分的に理解を示す見方もあったが、賛同する意見は少なかった。