【スポンサーリンク】

京アニ放火の青葉容疑者 意識回復で発した言葉に怒りの声が殺到

 京都市伏見区のアニメ制作会社・京都アニメーション第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が一時的に意識を回復したことがわかった。症状は依然として重いが、今後も治療を続けて回復を待ち、逮捕する方針とみられる。

 

 事件は7月18日午前10時半ごろ発生。青葉容疑者が同社に侵入してガソリンをまいた後に爆発が発生。建物内にいた35人が亡くなり、33人が負傷した。犠牲者数は平成以降の放火事件で最悪だった。青葉容疑者も全身にやけどを負う重体で高度な治療を受けるため、20日に京都市内の病院から大阪府内の病院に転院して治療を受けている。

 

 大きな反響を呼んだのは、一部のメディア報道で青葉容疑者が意識を回復した際に発したとされる言葉だ。全身麻酔の状態が続いているが、麻酔を緩めると意識を回復し、「痛い」と言葉を発したという。青葉容疑者のこの発言に、ネット上では「痛い。この一言で、また怒りがわいてきた。味わえばいい、犠牲になった、被害にあった人たちの気持ちを。ずっと死ぬまで味わえばいいと思う」、「何が痛いだよ。自分でやった事だろうが。亡くなったスタッフさん達はもっとだよ。今も入院してるスタッフさん達も、他のスタッフさん達も、もっとだよ。スタッフさん達のご家族だってそうだよ。何が一人前に痛いだ。感情的になったらいけないのは分かっているけど、やっぱりこの犯人を冷静に見ることはできないよ」、「痛いじゃねぇよ!!被害に遭われて亡くなられた方々や大怪我した方々は突然痛いと熱いを同時に味わって苦しんだんだぞ!!」など怒りの書き込みが殺到した。

f:id:imp0201:20190808092135j:plain

 また、「生きていられるなら麻酔で痛みを緩和するのをやめてほしい」という意見も少なくなかったが、「痛み止めなんて使うなという意見が多いですが、それを医師に求めるのは止めて欲しい。罰を与えるのは司法であって医師ではありません」と冷静な対応を呼びかける主張も見られた。