【スポンサーリンク】

京アニ放火殺人容疑者が、病院職員に掛けた「ある言葉」に大きな反響が

 京都市伏見区のアニメ制作会社・京都アニメーション第1スタジオで起きた放火事件で京都府警が殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が14日、入院していた大阪府内の病院から京都府内の病院に転院した。

 

 事件は7月18日午前10時半ごろ、青葉容疑者が同社に侵入してガソリンをまいた後に爆発が発生。建物内にいた36人が亡くなり、33人が負傷した。犠牲者数は平成以降の放火事件で最悪だった。青葉容疑者も全身にやけどを負う重体で皮膚移植を10回受けるなど高度な治療を受けていた。現在は車いすに座って会話できる程度に回復したため、14日に京都市内の病院に転院した。

 

 毎日放送の報道によると、転院することになった青葉容疑者は治療を受けた大阪府の病院の職員に対し、「お世話になりありがとうございました」などの発言をしていたという。ネット上では、「多分、はじめて優しくしてもらえたからだと思う。向こうは仕事だからやったんだろうけど。両親が駆け落ちで結婚し、この事件の本当の真犯人とも言うべき親父は仕事らしい仕事をろくにせず、金と女にだらしない浮気性で親としての務めさえ果たそうとしなかったというから、家庭環境は最悪の一言に尽きると思う。病院の人にお礼を言ったのは、気立てが良かった母親がくれた最後の良心だったのかもしれないね」、「お世話になった事に対して、きちんと感謝を述べる事が出来る。なのに、とんでもない事件を起こしてしまう。人間って、本当に複雑な生き物だなぁと思う」など大きな反響があった。

f:id:imp0201:20191026180950j:plain

 また、「人として良心の欠片が少しでも残っているなら、死刑の前に、事件に関する全てを語ってから逝くべきだ」、「周りの優しさにふれて、人らしい感情も取り戻しつつあるんですね。体が痛むたびに自分が引き起こしてしまったことを悔やんでいるのでは、、と想像します。どれだけ悔やんでも取り返しがつかないし待っているのは極刑ですが、心からの謝罪をしてほしいです。そのために懸命に救ってもらった命、時間なんだと思います」というコメントも。事件の全容解明に向け、謝罪と警察の取り調べに対して包み隠さず供述することを望む意見も多かった。