【スポンサーリンク】

36人死亡の京アニ事件 逮捕された容疑者の「ある供述」に、驚きの声が

 京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、京都府警捜査本部が27日に殺人などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)が「(犠牲者は)2人ぐらいと思っていた。36人も死ぬと思わなかった」と供述していると京都新聞が報じ、大きな反響を呼んでいる。

 

 青葉容疑者は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに侵入し、ガソリンをまいてライターで火を付け、鉄筋コンクリート3階建て延べ約690平方メートルを全焼させた上、屋内にいた社員70人のうち36人を殺害、33人に重軽傷を負わせた疑い。

 

 同紙によると、捜査関係者の話として、逮捕した際に初めて青葉容疑者に犠牲者数を伝えたという。青葉容疑者は事件で自身も重度の全身やけどを負って救急搬送されており、亡くなった人数を認識できていなかったとみられる。

 

 この報道にネット上では、「死者の人数の話じゃない。1人でも2人でも36人でも、みんな一人一人に命があって今後の人生や周りの人や家族がいるの。2人だったら良かったかのような感覚なのかな?と思うと怒りが込み上げてくる。この人には死者の人数分や怪我をされた方、残された周囲の人や家族の苦しみを理解して貰い苦しんでもらわないといけない。その為にもこの人を治療して生かせた病院関係者の方々はすごい使命感を持ち頑張ってくださったと思います」、「ふたりぐらいだと思った。は???ぐらいってなに??1人でも2人でも36人でも罪は罪。もし私の愛する人がこんな事件に巻き込まれて犠牲になったりずっとこれから先も地獄のような人生を強いられることになったなら反省した言葉を言っても真実を語ってもどんな刑罰を受けたとしても到底許せるはずなんてない」など青葉容疑者の供述に怒りのコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200528180106j:plain

 また、「犠牲者が2人ぐらいってあり得ない話。下見に1週間位かけていたとあったはずなので、事前にどのぐらいの人が出入りしているか分かるはず。まして平日の日中。仕事している真っ最中であることは普通の人なら理解できるはず。どうにか罪を軽くしようとしているんじゃないかと思うのは私だけじゃないはず」という意見も見られた。