【スポンサーリンク】

炎天下リポート嘲笑した「女性キャスター」に怒りの声が殺到

 安藤優子キャスターがMCを務める19 日放送のフジテレビ系情報番組「直撃LIVEグッディ!」での女性ディレクターへの対応に、怒りの声が殺到している。

 

 番組内で、女性ディレクターが午後2時に京都で炎天下のリポートを行っていると異変が。女性は40.1度を示す温度計の近くで「フラフラしてきました」「暑くてボーっとしています」と熱中症とみられる症状を訴え、「(スタジオに)お返ししますね」と声を振り絞った。

 

 するとスタジオにいた安藤は、「返しちゃうの? 私、返されたのね?」と大笑い。「準備していた話があと3つあるはずなんだけど…」と突っ込み、「えーと、もう1回お返ししていいですかぁ」と生中継を続けさせようとした。ここでもう1人の番組MC、高橋克実が「休憩した方がいい」と割って入り、スタジオのカンニング竹山も「早く車に入って休んで!」と同調。カメラが再び切り替わった時には女性ディレクターはフェードアウトしていた。

f:id:imp0201:20200820102413j:plain

 ネット上では、「嫌だね、熱中症になりかけている女性ディレクターに対して、心配も気遣いも出来ないおばさんは!もし倒れて大事になったらどう責任を取るつもりなのかね?このグッディという番組が終わるらしいニュースを前に観たけど、もう今日にでも降板させた方が良いのでは?」、「BPOには苦情を入れました。あまりに危険な行為であり、放送法にも電波法にも準じていないのではないでしょうか。テレビでこのような行為をひろめてしまう事は危険です。熱中症であっても看過されてしまうことにつながります。あってはならない行為。番組は9月で終了のようですが今終了して良いと思います」など怒りの声が殺到した。