【スポンサーリンク】

米国がある一件で韓国政府に不信感 「文大統領は崖っぷち」の指摘も

 米国の政府高官が日本のメディアを通じ、韓国に警鐘を鳴らしていることが大きな反響を呼んでいる。

 

 ジョセフ・ヤング駐日米臨時代理大使が読売新聞のインタビューに応じ、「GSOMIAが終了すれば米国の国益に悪影響を与えだろうと韓国政府に明確に伝えている」とした上で、「米国は協定を維持させることに集中している」と話した。さらに、米国政府内事情に明るい日本の高位消息筋は「米国政府内には韓国のGSOMIA終了決定に対し『同盟関係ではあり得ないこと』という不信感が広まっている。今月22日の終了時まで韓国に対する圧迫はますます強くなるだろう」と話したと報じた。

 

 また、マーク・ナッパー米国務副次官補も2日掲載の日本経済新聞のインタビューで、GSOMIAについて言及。「3カ国間の特に危機の際の調整に重要なツールだ」と述べたほか、日米韓には米国を介して情報を共有する取り決め(TISA)もあるが、「良い代替策でない」ないと明らかにした。

 

 ネット上では、韓国がGSOMIA破棄を決断したことを「悪手」と分析し、文在寅大統領が崖っぷちに追い込まれたと指摘する声が多い。「GSOMIA破棄は青瓦台、文在寅の判断だった。単純に言えば米国や世界が、破棄の責任は日本に向くと考えた。それは日本憎しの感情が高まり尋常な判断力を謝らせることになったのだ。しかし、ブーメランは速度を急速に上げつつ文在寅の喉元に向けて飛んでいる。傾国と日本の立場は完全に逆転、謝らねばならないのは傾国の方になってしまっている。青瓦台の筋読みの悪さは、感情が全てを決める傾国民の愚かさを証明した感じだ。日本に謝れない文在寅としては、今のまま突き進んで破棄をするしかないだろう。そうなれば終わりだ」という指摘が。

f:id:imp0201:20191103120223j:plain

 また、「GSOMIAを破棄しても日本には殆ど影響がないんだよね。情報はアメリカからはいってくるからね。寧ろ、その連携にアメリカが暗号化などで手間がかかるようになるから、アメリカにこそ影響がある。それに、GSOMIAはロシアや中国に対するけん制もある。影響はアメリカの方が大きいんだよ。まぁ、韓国はアメリカから日本に譲歩をさせるようにしたかったんだろうと思うけど、今回は完全に当てが外れた。ここまで行くとGSOMIAは継続するしか方法はない。ただ、それをやると文さんの指示者やヒステリックな国民がロウソクをもってデモをやりかねないからな」という意見もあった。GSOMIAの終了期限は22日。当初の公言通り破棄するのか、韓国政府の決断が注目される。