【スポンサーリンク】

日韓が領土主張の竹島が米国航空図で「日本領」明記 中国で大きな反響が

 公益財団法人「日本国際問題研究所」が23日、韓国が不法占拠する竹島が日本領であると明確に記した米国政府作製の航空図2枚が、米国国立公文書館で見つかったことを発表した。1952年にサンフランシスコ講和条約発効直後の竹島を日本領と示す同政府の航空図が確認されたのは初めて。

 

 複数のメディア報道によると、同研究所は島根大の舩杉力修准教に依頼し、竹島関係の古地図を調査。委託を受けた民間調査会社が同公文書館で大戦後の航空図など約100 点を調べた。米空軍が53年12月に発行した「米国空軍航空図」、54年9月の「米国空軍・ジェット機用航空図」、米国製航空図は世界のほぼすべての地域を網羅し、民用、軍用に広く使用されたという。この3つの地図はいずれも西洋名の「リアンクール岩礁」と書かれた竹島と韓国・鬱陵島の間に点線を引き、竹島側に「JAPAN」、鬱陵島側に「KOREA」と記されていた。

f:id:imp0201:20200917063236j:plain

 中国のネットユーザーからは「そもそも米国が決めることではない。日本も韓国も自国の領土であったと証明する資料がたくさんある。今になって昔の資料を持ち出されても証拠にならない」、「米国の資料が正しいという証拠もない。国際裁判所に委ねるべきだろう」という意見がある一方で、「この資料が出たことで韓国は旗色が悪くなるな。でも韓国も一歩譲れないだろうし、さらに日韓関係が悪化するのでは」など多くの反応が見られた。