【スポンサーリンク】

尼崎東署の男女警官が夜間勤務中に性行為 処分内容に大きな反響が

 兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月から今年2月の夜間勤務中に交番で性行為をしていたとして、同県警が2人を19日付で処分したことを複数のメディアが報じて大きな反響を呼んでいる。他の警察官が上司に相談して判明。2人は事実関係を認めているという。

 

 メディア報道によると、2人は30代の男性巡査部長と、20代の女性巡査。夜間勤務中、他の署員がいない管内の交番休憩室で複数回、性行為をしたという。既婚の男性巡査部長が部下で独身の女性巡査を誘っていたといい、県警は19日付で男性巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分に、女性巡査を本部長訓戒にした。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 ネット上ではこの処分内容に、「不倫、勤務中、交番内とここまで揃って懲戒免職にならない事が不思議でならない。身内に甘すぎると言われても仕方ない。近年の就職売り手市場による警官希望者大減少も影響しているのだろうか?」、「男女で懲戒と措置との差があるのは何かな。階級の上下で差があるのか、男が主で女が従だったということか。どうして発覚したのか。警察署に、あの交番は、夜に妙な声が聞こえて変なニオイがするとか通報があったりして」、「やっぱり警察は身内には『大甘』という処分。もっと大幅に減給するか、停職ぐらいにしてもよいと思うが」と批判的な意見が目立った。