【スポンサーリンク】

尼崎東署の男女警官が勤務中に性行為 懲戒処分の男性警官「ある発言」に反響が

 兵庫県警尼崎東署の男女2人の警察官が昨年12月から今年2月の夜間勤務中に交番で性行為をしていたとして、同県警が2人を19日付で処分したことを複数のメディアが報じて大きな反響を呼んでいる。他の警察官が上司に相談してわいせつ事案が判明。2人は事実関係を認めているという。

 

 メディア報道によると、2人は30代の男性巡査部長と、20代の女性巡査。夜間勤務中、他の署員がいない管内の交番休憩室で複数回、性行為をしたという。既婚の男性巡査部長が部下で独身の女性巡査を誘っていたといい、県警は19日付で男性巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分に、女性巡査を本部長訓戒にした。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 関西テレビなど一部のメディア報道によると、男性巡査部長は「2人きりになったらそういう雰囲気になった」と話しているという。ネット上では、「交番の奥がホテル代わりになっているとは。『そういう雰囲気に』ならないだろ、普通。自覚がなくて、意識低いから、そうなる。処分、じゃなくて解雇しかない。警察官としての資質はないし、こんな警察官が道端で偉そうにしているとか、むかつく」、「『そういう雰囲気に』ってどんな感覚で仕事しているの?こんなん警察24時とかで取り上げたら面白いのに。懲戒とかなっているけどそれで済むのが凄いし恥ずかしくないのかな?よっぽどの神経じゃないと恥ずかしくて仕事続けられないけどな、でもこの人達が仕事続けるなら交番で職務中に性行為をした警察官にいつか一般人が検挙されたりするだろうな…嫌やなぁ」など男性巡査部長への怒りを露わにするコメントが目立った。