【スポンサーリンク】

人気漫画原作者が胸触る性犯罪で逮捕 被害者の「年齢」に驚きの声が

 路上で女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁中野署は8日、漫画原作者、松木達哉容疑者(29)を強制わいせつ容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 

 各メディア報道によると、松木容疑者は6月18日午後8時ごろ、同区の路上で歩いて帰宅途中の女子中学生に後ろから自転車で近づき、追い抜きざまに胸を触った疑い。防犯カメラの映像などから松木容疑者の犯行が浮上した。同様の手口で別の女子中学生が被害に遭う事件が近くで発生していることから、同署は余罪を調べている。松木容疑者は漫画誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気作品「アクタージュ act―age」で原作者を務めている。

 

 ネット上では「アクタージュ大好きだったのに…。しかも被害者が女子中学生って…驚きしかない。なんでこんな犯罪に走ったんだろ」、「最近のJUMPでは1番好きな漫画。女優が主人公、芸能界が舞台と異色作ながら、少年誌でヒットしたのは原作者の力がかなり強いはず。毎週楽しみに読んでましたがこれは完全に致命傷…裏切られた気分で一杯です」などショックの声が。

f:id:imp0201:20200622071454j:plain

 一方で、「漫画のことばかり気にしている人が多くてガッカリ。被害に遭ったのは女子中学生だよ?心の傷が心配です。卑劣な愚行を犯した容疑者は厳しく処罰してください」と被害者を心配するコメントも多かった。