【スポンサーリンク】

TBSのあるバラエティー番組に、「形を変えた誹謗中傷」と批判が

 歌手の和田アキ子(69)が司会を務めるTBS系の情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」で、今年の芸能界の熱愛、結婚、離婚、不倫を予想する恒例のイニシャルトークが行われた。

 

 番組内では熱愛している組み合わせとして若手人気俳優Y&若手人気女優A、結婚すると予想するカップルは人気俳優A&女優S、人気女子アナ&人気アーティスト、ベテラン俳優Y(再婚)&女優U、離婚する夫婦は人気俳優A&人気アーティストK、不倫はコメンテーターなどで活躍するK、有名ジョッキーの名前などが挙げられた。

 

 和田はイニシャルの実名を教えられると、「はいはい、あの方です」、「は~!そうなんだ!意外」、「すいません。私、存じ上げないですね」、「は~、なるほどね~。言われたらそうだと思うけど…」などと反応していた。

 

 出演者は実名を知って盛り上がるかもしれないが、イニシャルしかわからない視聴者は置いてけぼりにされている感が否めない。ネット上では、「テレビを駄目にした要因の一つである出演者だけ楽しんで視聴者を置き去りにする典型的な例ですね。若者のテレビ離れとかよく記事になってるけど、このようなところを直さない限りテレビの未来はないでしょうね」、「見ているこっちは全く楽しめなくて、チャンネル変えました。ほんとに面白くない」、「視聴者バカにしてるよね、イニシャルトークは。しかもわからないタレントに耳打ちとか」など批判的な書き込みが多かった。

f:id:imp0201:20200105171756j:plain

 また、「これも形を変えた誹謗中傷にならへんの?発信者側が、名前も顔出して言うてるからって、これ見て勝手に想像した人の噂が広がって迷惑かかるとかあるんちゃうん」という指摘も。番組の制作スタッフは視聴者の感想をどう感じるだろうか。