【スポンサーリンク】

店員9人感染のメイド喫茶が店名公表に、「ホストクラブはなぜ非公表?」の声が

 東京都千代田区は7日、秋葉原のメイドカフェの従業員9人が新型コロナウイルスに感染していたことを確認したと発表した。6月25日に店舗で3人の感染が判明したとの報告を受け、全従業員約420人を対象に順次PCR検査を実施。7日までに394人の検査を終えたという。

 

 メディア報道によると、区保健所が発表した情報として、クラスターが発生した店舗は、同じ会社が運営する「@ほぉ~むカフェ」の秋葉原本店と秋葉原ドンキ店と発表。従業員は接客時はマスクを着用しており、利用客には濃厚接触者はいないと判断しているという。

 

 ネット上では、「都知事には、この一貫性のない対応の説明を求めたい。なぜ特定の業種は店名を公開せず、店名を公開する業種があるのか。その基準を説明して欲しい」、「ホストに行くこともある身だから、ホストに偏見がある訳ではない前提で。歌舞伎のホストで何店舗もコロナ陽性者複数出ているのに店名の開示がされないのは違和感。感染者も退院した翌週から出勤しようとしてたり、店も検温だけでマスクなし営業だっていうし、何故 自発的なPCR検査をしてるがための感染者が多いとみなし処置が甘いのか…不思議ですね」など疑問の声が。

f:id:imp0201:20200708065310j:plain

 「理美容室は客と従業員の距離が近く客に触れているのに感染をあまり聞かないが何が違うのか?理美容は法律で消毒を義務付けられているみたいなので消毒に関しては意識が高いのでしょうか、先日カットをしに美容室に行きましたが距離が近く気になりましたが、理美容室での感染はニュースになってませんよね、同じ接客業で何が違うのでしょうか」という指摘も見られた。