【スポンサーリンク】

昭恵夫人経営の飲食店が休業 貼り紙の「ある言葉」に、怒りの声が

 

 東京・神田で安倍首相夫人の昭恵さんが経営する東京・神田の飲食店「UZU」が緊急事態宣言を受け、今月8日から5月6日まで休業をしている。その中で、「当面は衛生面に配慮した営業継続を検討しましたが、お客様の安全、感染拡大防止への社会的責任、従業員の安全確保を第一に考えました」と店の扉の貼り紙に綴られていた文面が、大きな反響を呼んでいる。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 ネット上では、「社会的責任のとり方も知らないのに社会的責任とは笑わせる。とてもファーストレディーの振る舞いとは思えない。非常事態宣言が出なければ営業していたんだろうな。こんな人がファーストレディーとは日本人として情けない」、「あなたの社会的責任とは、自殺された近畿財務局の方へお線香をあげに伺い謝罪すること。その上で、どのような経緯があったのか、国会で真実を説明する事ですなど怒りや批判の声が殺到。「旦那と同じで、何をしても叩かれる。貴方達夫婦の行いの結果です。まだ、擁護する人が居るのが 不思議で仕方ない」という意見も見られ、昭恵夫人を擁護する見解は少なかった。