【スポンサーリンク】

昭恵夫人の「桜を見る会」 親交の深い「人気タレント」にも批判の声が

 安倍首相の妻・昭恵夫人が今月下旬に都内で開かれた食事会に参加し、桜をバックに撮影した写真を週刊ポストが掲載して大きな反響を呼んでいる。

 

 新型コロナウィルスの感染が拡大し、国民の行動が制限されている中で昭恵夫人の行動に批判の声が殺到。安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、昭恵夫人が滞在したのは公園ではなく、場所はプライベートなレストランであると説明。「(会合後)みんなで記念写真を撮影する際に、(敷地内の)桜を背景に写真の撮影をした」と発言し、ネット上では「勘違いされるような写真を撮ることも、こんな時期に密着して写真を撮るとか、レストランで大勢が集まるとか、その事実だけでもアウトだよ。レストランに行ったらいけないのか?とか、開き直って反論するとか、こんな時に首相のいう事?」などネットが炎上している。

f:id:imp0201:20200320160120j:plain

 怒りの矛先はこの会合に参加したタレントやモデルたちにも。週刊ポストによると、人気モデルの藤井リナやアイドルグループ・NEWSの手越祐也が参加していたという。「藤井リナ、手越祐也…いかにもって感じだね。悪いイメージがさらに落ちたよ。テレビに映ったら見たくないし、起用する局も考えた方がいいのでは」、「巻き込み事故かもしれないけど、手越はスキャンダルを含めて軽率な行動が多すぎる。またマイナスイメージがついたね。もう(世界の果てまで)イッテQも降板してほしい」など批判的なコメントが見られた。