【スポンサーリンク】

夫がコロナ感染 自宅待機している女性アナの「ある訴え」に、批判の声が

 テレビ朝日系「報道ステーション」のスタッフを務める夫が新型コロナウイルスに感染したことについて、フリーアナウンサー、赤江珠緒が16日にレギュラー番組のTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」に直筆の手紙で近況を報告した。

 

 番組の冒頭で、外山恵理アナウンサーが赤江から寄せられた手紙を読み上げた。「月曜日から出社できずご心配をおかけしております」と陳謝した上で、PCR検査を受けた夫について、「陽性で感染していました。11日から発症し、現在は熱が上がったり下がったりという状態」と報告。赤江と2歳の娘は検査待ちで自宅待機していると明かした。

 

 そして、誰もがかかりうる現状で「過剰な犯人捜しは今この時点で必要でしょうか。かからないことがベストですが、かかった場合、なるべく体力的にも精神的にも軽めに治すという目標を掲げる時期と感じています」と心境をつづった。

 

 その上で、(1)2週間分の隔離生活の用意をスーツケースなどにまとめておく、(2)家の中を片付けてスペースを作っておく(動線、運動スペース確保など)、(3)玄関前に食品など必要なものを届けてくれる存在の確認、(4)置き薬の用意、(5)子供の面倒をだれが見るのか、さらに6番目として、回復した人が社会を回していけるという世間の理解が必要とも訴えた。

 

 最後に、「私の体調は、連日の激変の生活で多少疲れはあって、残念ながら万全とは言えませんが、今のところ子供を寝かせつけてから、この手紙を書くぐらいの余力はあります。これ以降、保健所の方と相談しながら進めて参ります」とつづり、「しばらくは番組をお休みして、家族を優先させていただきます。月並みなことしか言えませんが、踏ん張って参ります」と綴った。

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 ネット上では、赤江が「過剰な犯人捜しは今この時点で必要でしょうか」と問題提起したことに大きな反響が。「犯人探しは必要ないが自分が感染したなら、濃厚接触者にうつしている可能性があるわけだから今までではなくその先を調べる必要はあるでしょう。もうどこで感染してもおかしくないからこそのクラスター潰しは必要だと思う」、「過剰な犯人捜し…ではなくて、どこのだれが感染源か分からないと、感染経路を絶てないだろって話だよ。感染してしまって、感染経路の遮断に興味なくなった人の意見だよ、それ」など反論の意見が目立った。