【スポンサーリンク】

赤江アナが新型コロナ陽性 感染経路で「ある疑問」の声が 

 TBSラジオは18日、「赤江珠緒 たまむすび」のパーソナリティーを務めるフリーアナウンサーの赤江珠緒がPCR検査の結果、新型コロナウイルスの感染が確認されたことを発表した。

 

 本人からの連絡を受けて、同局が公式サイトで発表。赤江アナからのコメントは以下の通り。「赤江珠緒のPCR検査結果が出ましたので、ご報告致します。赤江珠緒本人は新型コロナウイルス『陽性』。娘は『陰性』でした。4月15日に発症。今のところ自宅で療養中です。念のため11日以降は家族揃って社会活動を一切止めておりました。回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております。2020年4月18日 赤江珠緒」。

 

 赤江アナは13日からスタジオ出演を見合わせ、電話出演していた。16日に番組にコメントを寄せ、テレビ朝日の「報道ステーション」スタッフである40代の夫が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。

 

T BSラジオはサイトで「ご家族に新型コロナウイルス感染の疑いがあった4月13日より番組へのスタジオ生出演をお休みしています。TBSラジオ(港区赤坂、TBS放送センター内)に最後に来社したのは4月9日で、番組の共演者、および制作スタッフに濃厚接触該当者はいないと認識しております」と説明した。

 

 ネット上では、「ショックです。たまちゃんの事だから、どうにか前向きに頑張ってくれると思っています。軽症で済んでほしい。元気になって戻ってきてくれたら、自身の経験から気づいた事や感じた事などを世間に広めてもらいたいです」など激励のメッセージのほか、「今月3、4日に38度の発熱があった富川アナ。4日夜にはチーフプロデューサーにLINEで自身の体調不良を伝えていたが、話は2人の間でストップ。番組担当部長への報告は9日夜の出演後で、所属するアナウンス部への報告はさらに遅かった。全ては、チーフプロデューサーが隠蔽したからこーなったんでは?」とテレビ朝日に対して批判の意見も。

f:id:imp0201:20200409162454j:plain

 一方で、赤江アナが4月2日の同番組で喉の不調のため自宅から放送に参加したことから、ある疑問の声も。「回復を心より願っておりますが、4月2日に赤江さんご自身喉の具合悪く自宅から放送してましたよね。もしも2日の体調不良が関係しているならテレ朝側からじゃなく赤江さん側からという可能性も無くはない。そうなるとラジオの出演者も濃厚接触では?実際にはどちらが先かという事は不明だろうし誰を責める事もしてはいけないとは思うが、もうこれ以上感染者を出して欲しくないから最悪の事態も視野に入れ出演者も大事をとって欲しいです」、「責めているわけではなく、赤江アナが旦那さんから感染したのか、旦那さんに感染させたのかは現時点で分からない。感染経路が不明の状況でTBSラジオの関係者が濃厚接触者はいないと言い切るのは危険だと思う」という指摘も見られた。