【スポンサーリンク】

愛知県豊川市が中国の友好都市へ送ったマスク「返して」に、韓国で意外な反響が

 愛知県豊川市が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、友好都市提携を結ぶ江蘇省に4500枚のマスクを支援物資として送ったが、その後に同市がマスク不足になったことから、同市の竹本幸夫市長が「(マスクの)在庫があるなら返して」と発言したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、同市は2月4日に友好都市提携を結んでいる中国の江蘇省無錫市新呉区にマスク4500枚や防護服のセットを支援物資として送った。しかし、3月中旬になって愛知県内でも感染が拡大。市が備蓄していたマスクも5月には底をつく事態になった。竹本市長は「4500枚マスクを送ったんですね。もし在庫があれば返してくれないかという交渉をしている最中です」と江蘇省無錫市新呉区に対し、豊川市にマスクを送って欲しいと要望していることを明かした。

f:id:imp0201:20200324173916j:plain

 竹本市長の発言に対してネット上では、「みっともない。同じ愛知県民として恥ずかしい。後先考えずにしかもたかだか4,500枚程度とは…。他の方法を考えたほうがいい」、「今さら返してくださいとは情けない話。話になりませんな。日本人全員の感覚がそうだと思われるのではないかと不安になる」など批判の書き込みが殺到。一方、韓国ではこのニュースに、ネットユーザーから意外な反応が。「マスクが足りない緊急事態なのだから返してもらった方がいい」、「別にみっともないとは思わない。文在寅のように中国に大量にマスクを送って韓国で不足して国民の不満がたまっているのに中国に気を遣って何も言わないよりずっといい」と理解を示すコメントが見られた。