【スポンサーリンク】

緊急事態宣言から外れた愛知県の大村知事の「ある発言」に、批判の声が

 愛知県の大村秀章知事は、政府が発表する意向を固めた緊急事態宣言について愛知県が含まれていないことに、「緊急事態宣言を行うなら、事前に連絡あるはずだが、愛知にはない。これで(対象になる)ということはないのでは」と述べた。東京や大阪など大都市を対象に緊急事態宣言が出された場合、愛知県民には対象地域への移動自粛などを要請する方針だという。

 

 安倍晋三首相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づき、緊急事態宣言の発令準備を表明。対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県と説明し、愛知県が入っていないことが大きな反響を呼んでいた。

 

 大村知事の発言にネット上では、「緊急事態宣言される、されないなんて、政府の意向を待つより、想定できる最悪の事態に備ないと。待っても期待出来ないと思う」、「なんか意地を張っているのですか?愛知は大丈夫とか。岡崎医療センターが成功したからといって今後の感染爆発を考えたらノンビリしていられません。だいたい岡崎医療センターは、もう空いていませんよ。ずっと家に閉じこもり皆の健康の為に我慢している人達をガッカリさせるような発言をしないで下さい」など批判の声が。

f:id:imp0201:20200402110036j:plain

 また、「首長の発言ですが、違和感がありますね。普通、そうなった場合に備えましょうとか、緊急事態にならないよう、不要不急の外出を避けましょうとか、その位言って当たり前ですが。知事の仕事は何もしていないのでしょう。無能無策の残念な知事なのですね」など辛らつな意見も少なくなかった。