【スポンサーリンク】

森友文書改ざん 自殺職員の手記読んだ首相の「ある発言」に、大きな反響が

 安倍晋三首相が19日の参院総務委員会で、森友学園に関する財務省の文書改ざん問題について述べた発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 文書改ざん問題では、自殺した近畿財務局職員の手記が18日発売の週刊文春に掲載された。首相は自らも手記を読んだことを明らかにしたうえで「真面目に職務に精励していた方が自ら命を絶たれたことは痛ましい出来事であり、本当に胸が痛む思いだ」と述べた。改ざんのきっかけは17年2月に国会で「(同学園への国有地売却に)私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」とした首相答弁だったと書かれた点については、「(そうした記述は職員の)手記の中にはない。週刊誌側の考え方を書いたに過ぎない」と釈明した。また、この問題に関する再調査について、「財務省で事実を徹底的に調査し明らかにした。検察当局による捜査も行われた」として実施しない考えを改めて強調した。

 

 ネット上では、「胸が痛むなら尚更ご遺族が報われる為に自分が求められている事を真摯に受け止めてやってあげるべきですけどね。安倍さんの存在ありきで起きた出来事なら尚更このままでいいわけがないと普通なら思いますけどね?なのに、その対応は胸も何も痛くないからでしょ」、「この男に痛む胸があるとは到底思えない。そもそもこの職員が自殺するきっかけとなったのは自身の国会での答弁だろうが。総理大臣も国会議員も辞めるといった発言が全ての始まりであり、あの答弁との矛盾がある公文書を全て改ざんする指示を佐川が出し、官僚として良心の呵責に耐えられなくなり、命を断ったのだろう。行政府の最高責任者として再調査にも応じないとは言語道断だ。国民の命を何とも思っていない証拠だな」など批判のコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200319210310j:plain

 また、「力業で押さえ付け様とすればするだけ、その反発は強く為る。菅、安倍、麻生、北村と再調査の必要無しと言っている。だが、このまま済む程世の中は甘く無い」など警鐘を鳴らす書き込みも少なくなかった。