【スポンサーリンク】

山中教授との対談で、安倍首相の「耳を疑う発言」に怒りの声が殺到

 新型コロナウイルス対応について、安倍首相が京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授と対談した6日夜のインターネット番組で、一連の発言に反発の声が殺到している。

 

 番組は、動画サイト「ニコニコ生放送」を運営するドワンゴとヤフーが企画。安倍首相は官邸から、山中氏は京都から参加した。新型コロナをめぐり、東京五輪・パラリンピックの延期問題や感染拡大に伴う学生支援策などについて議論が交わされた。

 

 今年夏に開催される予定だった東京五輪は、新型コロナの影響で来年7月に延期された。首相は番組で、五輪を成功させるために「治療薬、ワクチンの開発を日本が中心になって進める」と意気込んだ。ところが、山中氏は五輪には世界中から選手や観客が集まり、人の大移動が起きると指摘。「(感染拡大を生まずに)これを可能にするだけのワクチン量をあと1年で準備できるかどうかというと、かなり幸運が重ならない限り、ワクチンだけでは難しい」と持論を展開した。

 

 また、政府が全世帯に配布する布マスクについても番組で質問があり、野党などが疑問視する納品業者の選定について首相は「疑惑というのは全くそんなものありません」と反論。配布開始によって、流通するマスクの「価格が下がったという成果もある」と胸を張った。

f:id:imp0201:20200417065148j:plain

 ネット上では、「マスク価格が下がったのは中国の一日のマスク生産量が10倍に増加したこと、輸出規制が緩和されて輸入されるマスクが増えたこと、国内メーカーも必死で増産していることなどが主な要因。あと不当な高額販売が規制されることになったのも寄与しているかもね、まだほとんど配布されていないアベノマスクの成果?ヘソで茶が沸く」、「桜を見る会、森友学園の公文書改ざん…疑惑だらけの政権が『疑惑というのは全くそんなものありません』とかよく胸を張って言えるな。ただ長くやっている政権で歴代ワースト。民主党政権は酷かったがさらに酷い。お願いだから総辞職してください」など批判的なコメントが目立った。