【スポンサーリンク】

緊急事態宣言延長なのに…安倍首相の「ある行動」に、辞職求める声が殺到

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、ジャーナリストの櫻井よしこ氏らが主催する憲法フォーラムに新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法を改正して「緊急事態条項」を創設する必要性を訴えたビデオメッセージを寄せて、国民の怒りの声が殺到している。

 

 憲法フォーラムは、新型コロナの影響で集会は取りやめ、動画投稿サイトYouTubeで中継に。ビデオメッセージで以下のように語った。

 

 「さて、ユーチューブをごらんの皆さん、改めまして、憲法改正の実現に向けて、それぞれのお立場で、精力的に活動されている皆さまに心から敬意を表したいと思います。自民党は立党以来、憲法改正を党是としてまいりました。言うまでもなく、国民主権、基本的人権の尊重、そして平和主義の基本理念は、今後も決して揺らぐことはありません。その一方で、現行憲法も制定から70年余りが経過し、時代にそぐわない部分、そして不足している部分については、改正していくべきではないかと考えております」

 

 「例えば、今般の新型コロナウイルスという未知の敵との戦いにおいて、われわれは前例のない事態に繰り返し直面しております。政府においては、国民の命と健康を守るため、全国に緊急事態宣言を発出し、政策を総動員して各種対策を進めています。ウイルスの感染拡大防止に向けて、国民の皆さまには、外出の自粛や休業要請への対応など、多大なるご協力をお願いしています。また、国家の機能維持という点でみれば、国会審議の在り方についても、与野党で協議し、さまざまな工夫がなされてきたところです。しかしながら、そもそも現行憲法においては、緊急時に対応する規定は、『参議院の緊急集会』しか存在していないのが実情です」

 

 「今回のような未曽有の危機を経験した今、緊急事態において、国民の命や安全を何としても守るため、国家や国民がどのような役割を果たし、国難を乗り越えていくべきか。そして、そのことを憲法にどのように位置付けるかについては、極めて重く、大切な課題であると、私自身、改めて認識した次第です。自民党がたたき台として既にお示ししている改憲4項目の中にも『緊急事態対応』は含まれておりますが、まずは、国会の憲法審査会の場で、じっくりと議論を進めていくべきであると考えます」

 

 「そして、憲法第9条です。今回の新型コロナウイルスへの対応では、延べ1万7千人を超える自衛隊員が対応に当たり、この瞬間も、各地の自衛隊病院などで、感染症患者の救護に当たるとともに、空港での検疫、自治体職員などへの感染予防のための教育支援を行っています。そして、一連の対応を通じて、従事した隊員からは、これまで1人の陽性者も出していません。事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努める。私は自衛隊の最高指揮官として、彼らのプロフェッショナリズムに常に胸を打たれています」

 

 「本年1月からは、中東海域における情報収集活動も始まりました。中東海域は、年間数千隻の日本関係船舶が航行し、わが国が消費する原油の約9割が通過する、国民の生活を支える大動脈・命綱です。2月には、私は護衛艦『たかなみ』に乗艦し、中東の地に向かう隊員たちを直接激励する機会を得ました。使命感に燃え、整然と乗り込む隊員の姿を目の当たりにし、大変誇らしく思いました。他方で、極めて残念だったことは、隊員のご家族が見守る一角に、『憲法違反』とのプラカードが掲げられていたことです。隊員の子供たちも、もしかしたら、それを目にしたかもしれない。どう思っただろうか。そう思うと言葉もありません」 

 

 「創設以来、何十年にもわたり続く、『自衛隊は違憲』というおかしな議論に終止符を打つためにも、自衛隊の存在を憲法上、明確に位置付けることが必要です。全国25万の自衛隊員諸官が強い誇りを持って、任務を全うできるよう、憲法にしっかりと私たちの『自衛隊』を明記しようではありませんか」 

 

 「3年前のこの『憲法フォーラム』でのビデオメッセージにおいて、私は、『2020年を新しい憲法が施行される年にしたい』と申し上げましたが、残念ながら、いまだその実現にはいたっておりません。他方、この間、先の参議院選挙において、われわれ自民党は、国民の皆さまから『憲法改正の議論を前に進めよ』との力強い支持をいただき、また、各種の世論調査においても、『議論を行うべき』という回答が多数を占めてきております。憲法改正への挑戦は決してたやすい道ではありませんが、必ずや皆さんとともになし遂げていく。その決意に揺らぎは全くありません」

 

 「憲法改正の主役は、国民の皆さまです。どの項目をどのように改正するのか、あるいはしないのか。国民投票によって国民の皆さまが決めます。ですから、多くの国民の皆さまが憲法改正について、自らの問題として大いに議論をし、理解を深めていただきたい。本日のフォーラムが、その大きな役割を果たすことを期待しています。憲法改正に向けて、引き続き頑張ってまいりましょう」

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 新型コロナウイルスの感染が収束せず、経済が危機的状況にあるにもかかわらず、憲法改正に言及した安倍首相のコメントに対し、ネット上では怒りのコメントが殺到した。「内容にかかわらずこの人に憲法改正させてはいけない。記録文書は紛失し、近い人のみが得するように許可や値引きをし、何か問題があっても説明する責任はない。そんな人が憲法改正したら一部の利権者を除いた大多数の国民がさらに苦しむことになるかもしれない」、「憲法改正など口にするのも許せない。今の状況さえ理解できてもない人間が、この先に影響のある事など決めては行けない。まず、今。数ヶ月先にこの日本がどーなってるか。しっかりイメージして欲しい」などの訴えが。

 

 また、「安倍政権のコロナ対策に後手後手後手の判断・決断・対応を、憲法の不備を理由に責任を免れる姿勢が見え過ぎる。コロナ禍が収束後速やかに内閣総辞職を行い国民に信を問い、憲法改正論議は新たな政権の下で実施すべきだ。危機管理能力の乏しい信頼できない安倍政権下では憲法論議は封印するのが当然だ」、「改憲の是非は一旦置いておきます。もし安倍さんが本当に改憲したいのであれば、今やることは、コロナを政治利用してドサクサに紛れて改憲するのではなく、コロナ終息に向けて打開策を早急に打ち出し支持率を上げ、政権与党の勢いそのままに改憲に持っていく、だと思います。単純に政治家の資質として“空気読めない”おじさんになっているのでは?星野源さんの件もあるし。一方でドサクサに紛れてやってしまっても勝算があるとふんでいるんでしょうが。国民が怒っても政権には直接的には影響がないですから。とにかく、安倍さん本当に辞めてほしい」など安倍政権の総辞職を求める意見も多かった。