【スポンサーリンク】

安倍政権が内閣支持率35%の報道に、韓国からは「意外な反応」が

 時事通信によると、7月に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率は35.1%、不支持率は46.2%だった。不支持が支持を逆転したのは3カ月連続。新型コロナウイルス感染拡大をめぐる政府の取り組みについては「評価しない」が46.0%で、「評価する」の33.1%を上回った。

 

 調査は10~13日に全国の18歳以上の男女2000人を対象に実施。有効回収率は61.5%だった。 政府は6月に都道府県をまたぐ移動自粛要請を解除したが、この判断について尋ねたところ、「早すぎる」が52.5%と半数を超えた。7月に入って東京都を中心に感染が再拡大していることが背景にあるとみられる。

 

 ネット上では、「安倍内閣を支持する人がいる事自体に驚きを隠せない。確かに他の人でこれぞと言う人もいないが安倍内閣は本当にストレスでしかない。アベノマスクにGoToなんちゃら、やることなすことどれも腹立たしい。忖度ばかりでもっとまともな事できないの?」、「何故35%も支持率があるの?自分の回りには一人も支持する人はいない、それどころかとっとと辞職すべき、もちろん国会議員をと言う人しかいない。逆に考えると献金と言う名の賄賂、票のやり取りをしている人が35%もいると言うことか…こんな総理いや議員の資質もない人がのさばれる制度を何とかしなければならない。次の選挙では投票率を上げてまともな人が選ばれなければ。皆さん諦めずに投票にいきましょう!」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200712165317j:plain

 一方、韓国のネットユーザーからは「嫌韓の安倍首相が国民の求心力を失っている。こういう時に韓国に強い態度で出て支持率を回復させようとするから気を付けた方がいい」、「安倍首相の支持率が低いけど、文大統領も酷い。2人共遠くない未来に辞めるかもね。またお互いに支持率上げるために国民を利用して日韓関係をさらに対立させるような気がする」などの意見が見られた。