【スポンサーリンク】

安倍首相辞任で内閣支持率が急騰 韓国で文大統領に「ある批判」の声が

 日本経済新聞が実施した世論調査で、安倍内閣の支持率が55%と急騰したことが分かった。同紙によると、安倍晋三首相が辞任の意思を表明した翌日の先月29日と30日に世論調査を実施したところ、安倍内閣の支持率は55%で、先月の調査より12%ポイントも上昇したという。この数字は19年10月以降最も高い支持率で、過去20年間歴代政権終盤部の世論調査と比較して最も高い。また、同じ世論調査で約88%が「安倍氏の辞任は妥当だった」と答えたという。

f:id:imp0201:20200813080121j:plain

 このニュースは韓国でも報じられ、ネットユーザーからは、「日本国民の安倍首相への不信感が募っていたということ。安倍首相の失政に落胆し、次の首相への期待が込められているのではないか」、「安倍首相が辞めて内閣支持率が55%に上昇して、88%が辞任に納得しているということは国民の心が離れていたということ」などの指摘が。また、「文大統領も明日は我が身だ。いつまでも安泰というわけではない。安倍首相とは日韓の政府間で緊張関係だが、もう反日という材料で支持率を上げるということを考えない方がいい」という意見も見られた。