【スポンサーリンク】

なぜ?安倍首相の原爆の日「あいさつ文」に、怒りの声が殺到

 広島と長崎で「原爆の日」を迎えた際に行った安倍晋三首相が読み上げたあいさつ文が物議を醸している。

 

 6日の広島、9日の長崎での平和式典で、安倍首相が読み上げたあいさつ文の内容。場所に関連する事柄と接続詞以外は、ほぼ同じ文面となっている。この事実に対し、2ちゃんねる創設者で実業家のひろゆき氏が9日、自身のツイッターを更新。「広島と長崎で安倍首相が挨拶した内容がほぼコピペという件」と切り出し「官僚の人たちが原稿チェックしてるので『安倍首相に恥をかかせてはいけない』とか『遺族の方がコピペと気づいて悲しませるのは良くない』とか考える人が誰も居なかったってことですかね」と指摘。「安倍首相も何も思わないのかな、、、」と呆れた様子だった。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上でも、「最近の総理は、全くやらないか、やっても『やっつけ仕事』という感がしてならない。ますます信用できなくなった。自分の主張や言葉というものを表現できない能力の低さなのだろうか?昔の田中角栄の演説を聞いてほしい。良くも悪しくも荒っぽさはあれど、すべて自分の言葉でした」、「ただただ、いつも他人に書いてもらった原稿かプロンプターを読んでいるだけなので、同じ挨拶文とは気づかないのだろう。読めそうにない漢字にはふりがな付きで老眼だし、ボクは読むだけで精一杯!これが日本の首相ですよ。支持者はどこがいいんでしょうか?替えは誰でもできますよ、政治家でなくとも普通の人ならば」など不信感や怒りの声が。「ひたすらカンペを読み続ける。中身には疑問も思わない。なんでコレで支持率がいまだに30%超えているのかが今年一番の不思議」という指摘も見られた。