【スポンサーリンク】

安倍首相が明かした「辞任の理由」に、怒りの声が

 安倍晋三首相が28日に記者会見を開き、首相を辞任する意向を表明した。安倍首相は8月17、24両日に「検査のため」として東京都内の慶応大病院を訪問。政権内では持病の潰瘍性大腸炎が悪化したとの見方が強まり、健康不安説が広がっていた。共同通信の報道によると、安倍首相は自民党本部での幹部会合で、辞任の理由について「病気が理由で正しい判断ができなくなる」と説明したという。

f:id:imp0201:20200527064508j:plain

 ネット上では、「今までも正しい政治判断をしてきたのかも疑問。総理大臣を内輪でコソコソ決めてほしくない。国民をないがしろにした総理大臣選びは、もうたくさん」、「いや、初めから今まで『正しい政治判断』なんてロクにしていません。森友・加計・桜の疑惑、消費税率引き上げ、アベノマスク...『正しい政治判断』をしたとすれば、今回の辞任、それだけです」などの指摘が。また、「確かにアベノマスクは正しい政治判断ではない。ブレーンも悪すぎ。菅、二階も同罪でしょう。一緒に責任を取りましょう」という意見も見られた。