【スポンサーリンク】

安倍首相が現金給付実施を表明も、「ある発言」に怒りの声が

 安倍晋三首相は28日夜、首相官邸で新型コロナウイルスの感染拡大に関して記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染者がここ数日で急増している状況について。「現状は緊急事態宣言との関係でぎりぎり持ちこたえている状況だ。瀬戸際の状況が続いている」と述べた。 また、経済対策の柱の一つとして、雇用調整助成金の助成率を「中小(企業)は90%、大企業でも75%に引きあげる」と明言。また、現金給付については「ターゲットをある程度置いて、思い切った施策を行っていくべきだろう」と語った。

 

 ネット上では、「会見をするなら、時期、金額、対象、給付の仕方など、ある程度具体的なものを示せるタイミングでしたらいかが?それでこそ会見の意味があると思うのだが。分かりきった内容ばかりでは単に支持率を持ちこたえさせるための会見にしか見えないのは私だけでしょうか。支持率ではなくコロナ拡大を持ちこたえさせ、国民を守るために具体的に何をいつまでにやるのか、聞きたいのはこのような内容です」、「現金支給するとは言ったがここでも、いつ、誰に、いくらとは言わなかった。これが国民不安に繋がるわけです。国民はいつ、誰に、いくらが知りたいのです。少しでも安心が欲しいのです。これで支給2万円とか3万円とか、一律支給でないとか、5月以降支給なら一気に支持率は下がるでしょうね。ここ重要だよ、安倍さん!」など不満の声が。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 また、「ターゲットをある程度置く」と一律支給について消極的な姿勢を見せたことにも、「国民の多くが聞きたかった給付金額対象者については口ごもりターゲットを絞るとか小さい声になった。そこが一番聞きたかったことなのに。一律ではないと言うことなのか?国民全員にではないと言うことなのか?国民全員に一律給付でないと意味がない!」、「高額納税者からしたら、一律ならまだしも低所得者だけとかだったら腹立たしいだろうな。850万とかで所得制限されても、扶養家族3人居たらそんなに余裕ないだろうし、『今』大変なのに去年の収入で判断されてもね。1000万の人が0になったとかもあるだろうし」、「いつも思うけど、高額納税している人は何故かいつも貰えない。生活保護者は税金で生活しているのに色々補助がある。これっておかしいと思うのは私だけかな?納税している人みんなに行き渡らないと不平等感凄いと思うのだけど。納税しておる人は納税していない(したくてもできない人を除く)弱者を生かすために働いているのか?」と怒りをにじませる意見が目立った。