【スポンサーリンク】

安倍首相、東京五輪「予定通り開催したい」に、世界各国の反響は?

 安倍晋三首相は14日に首相官邸で記者会見を開き、7月下旬に開幕する予定の東京五輪について、「我々としては(新型コロナウイルスの)感染拡大を乗り越えてオリンピックを無事予定通り開催したい」と述べた。

 

 米国のトランプ大統領が12日に「彼らは1年間、東京五輪を延期するかもしれない」「無観客でやるよりもいい」と話していたが、安倍首相が東京五輪を予定通りに開催する思いは変わらなかった。トランプ大統領と13日に約50分間電話で協議したが、共同通信の報道によると、首相は「コロナウイルスとの闘いに打ち勝って、五輪を成功させたい」と伝えたという。

 

 ネット上では、「自分もニュースで見ました。正直、なに考えているんだろって思いました。もう感染防止や五輪より、自分達の暮らしに危機感を非常に感じます。マスク騒動から始まりましたが、急激なインバウンドの冷え込み、株価の急降下、上級ではない中級国民はこれからの経済の冷え込みに恐れを感じるくらいなのです。中小の会社の倒産や失業など先の対策を講じるべきです」、「もう、世間では中止になるだろって予感の方が支配的。国を預かっているのだから、中止になった場合の次の一手を考えはじめて欲しい。もちろん、開催できるに越したことないけど、ワーストケースに備えておくのが政治でしょ」などの書き込みが。

 

 また、「日本のトップとしてほんとに情けないと思った。原稿を読む能力だけのトップは必要ない。言い回しをわざと長くして誤魔化しています。全国民や世界がこの会見を注目しているはずなのに、何一つ明確に答えていない。予め重要な答えがないなら会見しても意味がないような気がします。また、会見は時間の長さではなく、簡潔に内容をまとめていただきたいです」、「安倍総理の会見は、時間が長いだけで、内容に乏しいし、原稿を読むだけで自分の言葉でしゃべっていない。記者の一つ一つの質問の回答も簡潔に答えず、長々と時間稼ぎばかりで、いかにも記者の質問に応えましたよ、というポーズだけ。多くの国民が感じているが、安倍総理はもはや正常な判断力を失っている」と安倍首相の政治家としての資質に疑問を呈するコメントも目立った。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 このニュースは世界各国でも大きな反響があり、米国のネットユーザーからは「安倍首相の会見は希望的観測を述べているだけで、東京五輪を予定どおりできるプランニングがまったくない」、韓国のネットユーザーは「五輪実現なんて到底無理。安倍首相は判断を見誤っている。日本国民が怒るのも無理はない」などの意見が見られた。