【スポンサーリンク】

河井夫妻逮捕で安倍首相のある発言に、「子供に悪影響」と怒りの声が

 前法相の衆院議員河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者が同日、公選法違反(買収)の疑いで逮捕されたことについて、安倍首相が18日に行われた記者会見で言及。「本日我が党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては大変遺憾であります。かつて法務大臣に任命した者として、その責任を痛感しております。国民の皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 

 安倍首相は「これを機に国民の皆様の厳しいまなざしをしっかり受け止め、我々国会議員は改めて自ら襟を正さなければならないと考えております」と述べた上で、「選挙は民主主義の基本でありますから、そこに疑いの目が注がれることはあってはならないと考えております。自民党総裁として自民党においてよりいっそう襟を正し、国民に対して説明責任も果たしていかなければならないと考えています。それ以上につきましては捜査中の個別の事件に関することでありまして詳細なコメントは控えたいと思います」と語った。

 

 安倍首相の一連の発言に、「これほどまでに心のない言葉と言うのも珍しいですね。『責任を痛感』『ご批判を受け止める』ことが本当なら、今頃痛みと衝撃で跡形もなくなってるでしょうに」、「その口から簡単に責任という言葉を使って欲しくない。子供にも悪影響しか与えないし、マネをして責任を取りますが流行ったら困る。責任を取る者はその発言をした自身であって痛感するのは国民の言い分だ。総理は山口の寺子屋から義務教育を受けなおして来い」などネット上では怒りのコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200605162926j:plain

 また、「相変わらず心に全く響かないコメント、任命責任はあるが責任はとらない、責任なんて安倍にとって軽いんだろうな、こんな無責任な総理は早く辞めてもらいたい、自民党の責任も重い、次の選挙で痛い思いをしないとわからないんだろうな」「ただの不祥事と、違う。同時に2名が逮捕され、そのうち1名は自身が任命した法務大臣。『遺憾』や『襟を正す』では、済まない」と安倍首相に退陣を求める意見も少なくなかった