【スポンサーリンク】

昭恵夫人の大分旅行に言及した安倍首相の「ある発言」に、怒りの声が

 新型コロナウイルス対策などに関連する補正予算案を審議する衆院予算員会が28日に開かれ、安倍首相が昭恵夫人の行動自粛について言及した対応が大きな反響を呼んでいる。

 

 国民民主党の渡辺周議員は同委員会で安倍晋三首相に対し、大分旅行や飲食店で「桜の前での集合写真」などが週刊誌で報じられた昭恵夫人の行動自粛を求めた。この要望に対し、安倍首相は「当然ですね、私の妻も含めまして、私も皆さんもですね、8割接触を減らすということで全力を尽くさなければならない。国民の皆様にもGW、特にお願いをさせていただきたいと思っているところであります」と答弁した。

 

 ネット上では、「当たり前です。まるでやってない人への呼び掛けですね。これまでちゃんと対応してきた人が不快に思ったことへの謝罪はないのかと思いますがね」、「普通こういう発言は、今まで当然の事を当然に守って来た人間が言うこと。今まで散々遊び回り、既に感染しているかも知れない立場の人(家族)が言っても説得力ゼロ」など怒りや不快感を露わにするコメントが。

f:id:imp0201:20200323193001j:plain

 一方で、「本当にいままでに最低な総理夫人?どれだけ 夫の足を引っ張れば気がすむだろうか?周囲にこの人を説得する人がいない?普通なら三行半で追い出される?これだけ 繰り返すというのは 性格に欠点があり、自分の置かれた状況が判断できないという 致命的欠陥があるのだろうか?そうだとしたら 気の毒だ!それにしても 総理もこの妻に悩まされて 苦労が尽きないのでは?」と安倍首相に同情的な見方もあった。