【スポンサーリンク】

中国・習主席の4月国賓来日延期に、韓国で「安倍政権は終わった」の声が

 菅義偉官房長官が5日、4月に予定していた習近平・中国国家主席の国賓来日を延期することを発表した。新型コロナウイルス感染が拡大する中、国内の終息に向けて対応を優先することを両国政府が判断した。また、政府は同日に感染拡大を防ぐための措置として、入国拒否の対象を韓国とイラン全域に滞在歴のある外国人に拡大する方針を固めた。中国人も日本の入国に必要な査証の発給を停止。中国全土からの入国を事実上拒否する形となった。

 

 政府の一連の対応にネット上では、「中韓からの入国者隔離も同時に検討という事は、やはり習近平への忖度だった。安倍総理は、国民の命より習近平との関係が大事だったという事」、「やはり習氏に忖度して、入国規制を見送っていたのか。レガシーとインバウンドが欲しいとはいえ、国民の命よりも重視した本末転倒ぶりが証明されてしまったね」、「一ヶ月前に延期だと見極めなくてはいけなかった。習主席の国賓にこだわってやるべき入国規制が後手に回った。延期になったから中国からの入国制限をやっても実効性はない」など批判の書き込みが殺到。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 韓国のネットユーザーからも、「日本政府の稚拙な外交に国民が怒っている。不祥事が続いている安倍政権は終わったね」、「文政権の対応もだらしないが、日本でも安倍首相への不満が高まっている。両国とも政府は崖っぷち。この非常事態に本当に情けないね」など大きな反響があった。