【スポンサーリンク】

安倍首相「桜を見る会」で新たな疑惑 「これはアウト」と辞任求める声も

 安倍晋三首相の後援会が首相主催「桜を見る会」の夕食会の会費を5000円に設定したとされることに関し、新たな疑惑が判明した。メディア報道によると、立憲民主党の安住淳国対委員長が会場となった都内のホテルに夕食会の費用を確認したところ、「だいたい1万5000円から2万円。立食で150人の場合は1万1000円」と回答されたと、14日に開催された野党共同会派会合で明らかにした。

 

 安住氏は「5000円はあり得ない」と語気を強めた。首相側が不足分を負担していた場合、公職選挙法に抵触する可能性がある。ネット上では、「いつから国民の税金は私利私欲に使っていいようになったんだ?これはもう政府ぐるみで公職選挙法違反をしたと言われても仕方がないのでは。消費税上げて国民の負担を増やしたのは自分たちが豪遊する為ですか?」、「これはアウト。アウト・オブ・アウト。カニメロンやウグイス嬢日当で辞任に値するなら、これはアウトでしょう」、「完全な公職選挙法違反です。今まで逃げ回っていたけどこれは説明責任すべき。安倍さんも長期政権で緩みすぎたのかな。事実なら言い逃れはできない。辞任するべきでしょう」など事の重大性を指摘する書き込みが多い。

f:id:imp0201:20191025103911j:plain

 一方で、「実態を見れば公選法違反だと思うけど、安倍が森羅万象を司り、三権分立も今は昔の状態では検察も動かないだろうな」、「次か次へと出てくるね。完全に利益供与だな。これでも検察はうごかないだろうし司法は機能しないんだろうな。日本の最高権力は司法の筈がいつのまにか行政府が握ってしまったな」という意見も。国民の不信感が高まる中で安倍首相、検察の動向が注目される。