【スポンサーリンク】

日韓首脳会談 韓国・大統領府の「ある発表」に驚きの声が

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議に出席するため、タイのバンコクを訪れている安倍晋三首相と韓国の文在寅大統領が4日午前に会談を行った。韓国の大統領府によると、会談時間は約11分間。この発表がネット上で大きな反響を呼んでいる。

 

 日韓両首脳の会談は昨年9月に米国・ニューヨークで行われて以来1年2か月ぶり。昨年10月の元徴用工訴訟問題や、今年7月に日本が韓国向けの輸出管理強化で、日韓関係が悪化してから今回が初となった。韓国の大統領府によると、両首相の会談は首脳会議の控え室で行われ、友好的な雰囲気で日韓関係が重要という認識で一致し、両国関係の懸案は対話を通じて解決しなければならないと再確認したという。

 

 ネット上では11分間の会談という韓国大統領府の発表に対する反応が多く、「11分では挨拶だけでしょう!韓国側の作り話前に安倍さんの見解が必要かもしれません。日本政府は一貫してGSOMIAと元募集工問題や輸出管理とは切り離して対応をお願いします」、「11分といっても通訳入りですよね。実質5~6分では?これが会談ですか?」という意見が。「11分は長すぎるだろう。本当は無視して欲しいがそうもいかないので米国に習って2分が妥当なところか。いずれにしても文は来年3月までなので今後は無視に限るな」、「これも歪曲報道されるんでしょう。日本サイドから会談のオファーがあったと。終始和かで660秒もの長時間濃い内容の話だったと。日本サイドはまだ話したい感じだったと」という見方もあった。 

f:id:imp0201:20191104165645j:plain

 また、「韓国大統領府が約10分でなく11分と発表したところに驚いた。約11分という表現を見たことがない。日本に歩み寄りたいからこそ1分でも長く会談したという韓国の真意が見える。もちろん、ここで安易に譲歩してはいけない。文大統領もそれほど追い込まれているということだろう」と分析する書き込みも見られた。