【スポンサーリンク】

成田空港で「検疫漏れ」の90人以上が入国 「ある言い訳」に怒りの声が

 厚生労働省は米国から26日に成田空港に入国した90人以上の乗客について、検疫の漏れがあり、本来の検疫を行わずに入国させていたことを発表した。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本時間26日から、米国からの入国者は空港から公共交通機関を使わないことや、自宅などで14日間待機して外出しないことなどが要請される検疫強化の対象となっていた。だが、成田空港検疫所は26日午後、シカゴから成田に到着した全日空11便の乗客76人、乗員16人について通常の検疫しか行わず、そのまま入国させたという。

 

 メディア報道によると、「時差の計算を誤っていた」のが検疫漏れの理由だという。検疫所は名簿を取り寄せ、乗客らに14日間の待機や公共交通機関を利用しないことなどを要請する。

 

 お粗末な事態に、ネット上では「時差の計算ミスなどという言い訳で通らないでしょ。ANAなのか、それとも通関検疫管轄のミスなのか。徹底追及して発表しなければ国民は納得できない」、「いやいや、時差の計算間違った。ってありえないでしょ。今の時期なら時差関係なく米国からの帰国便は全て検疫すべきだった。あれだけ欧米で感染者が出ていてもなおツイッターでは帰国者が書類だけだったんだけど大丈夫か?と逆に心配していたくらいなのに!一生懸命働いてくださっている人たちには申し訳無いが、水際でまたも防げないなんて検疫所の意味無いんだけど!」など怒りの書き込みが。

f:id:imp0201:20200327110502j:plain

 「厚労省マターでやるからそうなる。入国管理の法務省と空港管理の国交省を強い権限で指揮できるように総理直轄のチーム(特措法)でやらないといけない。そのためには緊急事態宣言を出して完全に出入国者を管理しないと意味がない。なにが水際だ。安倍政権こそ土俵際ではないか」という指摘も見られた。