【スポンサーリンク】

小1女児不明 週刊誌で「失踪」報じられない理由とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってから16日目の6日、山梨県警が大規模な捜索を打ち切ることを発表。県警には2000件の情報が寄せられているが、9日の現在も有力な手掛かりは得られていない。

 

 美咲さんは9月21日に家族と友人ら7家族計27人でキャンプ場を訪れた。同日午後3時40分頃、先に遊びに出かけた友達を追ってテントを出た後、テント付近の道を1人で歩いている姿を母のとも子さん(36)が確認して以降、行方不明となった。

f:id:imp0201:20191006115718j:plain

 ネット上では、週刊誌がこのニュースを報じないことに疑問の声が多い。「これだけ注目度が高いニュースを週刊誌が全然報じないことが凄く不思議。普通なら新聞やテレビでは出せない情報とか出るのに。美咲ちゃんと参加したキャンプのメンバーの話とかみんなが知りたいのに」、「週刊誌が詳しく掘り下げないのが不気味。ある程度事件性があって、取材した内容を報じられない事情があるのかな。美咲ちゃんの事件が風化されないためにも取り上げてほしい思いはあるけど…」などの書き込みが見られた。遭難事故、連れ去りや誘拐事件など色々な可能性が考えられる中、美咲ちゃんの身に何が起きたのか気になるばかりだ。

 

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。