【スポンサーリンク】

小1女児不明 父親がメディアに顔を出さなかった「本当の理由」に大きな反響が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になって1カ月半を迎えた事件で、週刊新潮の記事が大きな反響を呼んでいる。

 

 週刊新潮の報道によると、美咲ちゃんの父親・雅さんの姉が同誌の直撃取材に対し、メディア対応で顔を出さなかった理由を明かしている。「雅が顔を出さなかったのは、会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないから。だからインスタなどで顔を出していた母親だけにしたんです。ネットで母親が批判されているのは本当につらい。2人の娘に愛情を注いできたのに、父親がいないときにこんなことになって、責任を感じて、ほとんど寝ずに警察の方々と一生懸命探し回っていました。ハッシュタグだって、心配して連絡してくださった友人やお客さんに自分のインスタがすぐわかるように、と思ってやったこと。一緒に行った家族も成田市の地域の集まりで、そのなかで仲がいい家族とはこれまでもキャンプに行ったと言っていました」と漏らしたという。

 

 ネット上では、「お父さんはかわいそうだと思う。顔出ししていないけど、美咲さんを思う気持ちは伝わってきたし、なんであんなにネットで叩かれるんだろうと思った。会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないという理由があるなら納得。これ以上は追及するべきではないと思う」という声がある一方で、この事情に疑問を呈する別の見方が。

f:id:imp0201:20191106190425j:plain

 「もちろん母親が犯人だとは思わないけど、父親が顔を出さない理由が、会社や顧客に迷惑をかけたくないとの事ですが、自分の子供の命がかかっているのに、迷惑と考えるのは理解に苦しむ。もしかしたら、会社の人や顧客の人が捜索に協力してくれて、見つける事が出来たかもしれないのに!残念です」、「代弁しているのが身内なら説得力が無いので父親本人が顔を出して情報提供を促すべき。あと自分の嫁の失態についても弁明すれば?しないなら別居していると思われるし、嫁のことには関知しない姿勢とみられても仕方ないじゃん。顧客の誰かがもしかしたら情報を持っているかもしれないじゃん?本当に娘を見つけたいと思っているんだとしたら、可能性が0じゃないならそこも協力してもらう必死さが必要になってきているんじゃない?」など批判的な書き込みが少なくなかった。