【スポンサーリンク】

山梨小2女児不明から1年…報道されない「ある人物」に疑問の声が

 昨年9月21日に千葉県成田市の小学2年、小倉美咲さん(8)が道志村のキャンプ場で行方不明になってから間もなく1年を迎える。

 

 山梨県警と大月署が6月26、27日と約8カ月ぶりに現場を再捜索。捜索は県警や地元消防、自衛隊など2日間で延べ約1700人が捜索したが発見できなかった。母親のとも子さんは手掛かりを求め、自身のツイッターで協力を求めている。千葉日報によると、とも子さんは5月13日に美咲さんの誕生日をお祝いしようと、赤飯を炊いて応援してくれる人や出身の保育園に配り「美咲のことを忘れないでね」という気持ちを込めたという。

 

 ネット上では、「去年の夏からは毎月どうなったかググったりしてましたが、もう一年ですか。ふと寝る前に名前と顔写真を思い出して、もし家の近くにいたら絶対助けてあげようとイメトレしているよ。日本中の人々が忘れずに気に留めていればいつか必ず、と祈っている」、「親御さんも辛いけどこの子のお姉ちゃんの心中を察するととても辛いだろうなと思います。早く家族の元に帰って来られますように」など1日も早く美咲ちゃんが無事に保護されることを祈るコメントが。

f:id:imp0201:20200921065044j:plain

 また、「不思議な事件だよね。あれだけ探していないのだから、普通に考えれば誘拐か誘拐殺人なんだろうけど…。一緒にいたキャンパーの方を疑うわけでは無いが、結構な数がいたと報道されていたが、何故に一組も公に証言する方がいなかったのかも不思議。私なんか別にやましいことないし、顔が公にされても仕事に支障が出るとも思えないから構わないってタイプなんだけどな…。」、「何より不可解なのはこの母親以外父親含め他にたくさんの大人がいたのに一切口を割らないこと」という指摘も見られた。情報提供は山梨県警大月署 0554(22)0110まで。