【スポンサーリンク】

小1女児不明から2週間 「あること」願う声は不謹慎?

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってから2週間が経った。メディア報道によると、これまでにおよそ1000件の情報が寄せられたが、発見につながる有力な情報はないという。この日は、警察と消防などが午前7時20分から35人態勢でこれまで確認できていないキャンプ場北側の林道周辺で捜索を行っているほか、住民への聞き込みの範囲を隣接する都留市方面に広げている。

 

 遭難事故、連れ去りや誘拐事件など色々な可能性が考えられる中、ネット上ではある声が。「不謹慎かもしれませんが、山の中で何らかの事故で見つからないより、誰かが拉致したと思いたいです。これだけの日数一人で山にいるより拉致された方が生存確率は高いと思う」、「遭難事故だったら2週間生き延びるのは不可能に近い。でも第3者の連れ去りだったらまだ生きている可能性は十分にある。連れ去りに希望を持ってしまう自分がいる。犯人はそっと街中に美咲ちゃんを置いてほしい。お願いだから無事で戻ってほしい」などの書き込みが見られる。連れ去りでも誘拐でも、無事に生きていてほしいと願う思いを不謹慎とは言えないだろう。

f:id:imp0201:20190930063710j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。