【スポンサーリンク】

小1女児不明 男性YouTuber「誘拐したのは僕です」に怒りの声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってから19日目の9日、発見の一報は入っていない。山梨県警が連れ去りや誘拐事件も視野に捜査を行い、山中の大規模捜索は6日に打ち切られたが現在もボランティア団の捜索が続けられている。発見に向けて手掛かりを見つけようと関係者が必死に活動している中、あるユーチューバーが「美咲ちゃんを誘拐したのは僕です」と発言した悪質な動画を投稿したことに、怒りの声が上がっている。

 

 動画は「シンユウはげチャネル」(チャンネル登録者47人)で6日に投稿された。「山梨県道志村オートキャンプ場で小倉美咲を誘拐したのは僕です」というタイトルで、男が一人語りで映像に向けて発言している。「どうもです。捜査が打ち切りになったことでそのタイミングを待っていました。美咲ちゃんを誘拐したのは僕です」と切り出し、「色々と美咲ちゃんのことで動画を上げました。2本ぐらい動画を上げたんですが、怪しまれることがなかったんですよね。その動画を上げることによって、警察もそうだし勘づかれるかなと面白半分でやっていたんですけど、スルーされていて。あっわかんねぇんだって。日本の警察は弱いなと。ここでばらしていこうかなと。さっさとやってくれないかなと。僕は犯人です。美咲ちゃんを誘拐しました」と警察を挑発するような発言で誘拐したと宣言した。

 

 さらに、「この意味わかります?警察もこれを見たらわかると思うんだけど、どんくさすぎてさ。答え言っちゃったよ。捜査打ち切りなの?おれ愕然としたんだけど。なんで捜査を打ち切りにしたんだろって。迷路中の迷路で迷っちゃったのかなって。オレの動画で色々と一文字一文字に対して発言してわかりますよね?1文字1文字を組み合わせるように頭の文字を全部出したんですよ。ばれなかったっす。僕の勝利ですよね」と語って動画が終わった。

 

 「シンユウはげチャネル」は過去の動画でも、違う事件を題材に自身が犯人であることを宣言した動画を投稿している。登録者数も少ないことから、「炎上商法」でアクセス数稼ぎを狙っているとみられる。

f:id:imp0201:20191002053612j:plain

 コメント欄には、「やめてください。その子のお母さんがどれだけ悲しんでいるかわかりますか?お母さんが悲しんでいるときにそれをネタにするクズです」、「ただでさえ悪質な発言の動画ばかりですが、特に殺人や誘拐のような重大犯罪の犯人を名乗るのは、そのうちこの人にも痛いしっぺ返しが来るのでは」、「リアルで頭おかしい。通報しました。捕まる事を祈ります」など怒りの書き込みが。いたずらの範疇を超えた悪質な動画は絶対に許されない。