【スポンサーリンク】

小1女児不明 「全然報じなくなった」テレビ局にある要望の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってからまもなく3週間が経つが、有力な手掛かりがつかめない。ここにきて懸念されるのがメディアで報じられるニュースの少なさだ。行方不明になってから報道番組やワイドショーで連日大きく取り上げられていたが、6日に大規模捜索が打ち切りになった後はほとんど報じられなくなっている。

 

 現在もボランティア団が山中で捜索を続け、山梨県警も連れ去り、誘拐事件など様々な可能性を視野に入れて捜査を行っている。だが、有力な手掛かりが報じられないとメディアも他のニュースを取り上げることになる。ネット上では「全然報じられなくなったね。神戸の教師いじめやテコンドーのゴタゴタで忘れ去られるのが怖い」、「山梨で行方不明になった女の子が本当に毎日気になって仕方ない。また台風が来るしどんな姿でも帰る場所に帰してあげたい。早くみつかりますように」、「このままこの事件が風化して迷宮入りしてしまうのが怖い。美咲ちゃんは生きている可能性は十分にあるわけだし、誘拐だったら犯人がこのまま逃げ切ろうとするでしょう。テレビは鮮度を求めて新しいニュースを伝えるのは理解できるけど、番組の最後に美咲ちゃんの情報をテロップを出すとか少しでもいいから扱ってほしい」などの書き込みが。1日も早く美咲ちゃんを見つけるためにも、人々の記憶に訴えかけることは大事だ。

f:id:imp0201:20191001103220j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)