【スポンサーリンク】

小1女児不明 なぜ?「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」に反響が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、まもなく1カ月を迎える。

 

 遭難事故や連れ去り、誘拐事件の可能性があるとみて捜査を進めているが、有力な手掛かりはつかめていない。家族は情報提供を求め、美咲ちゃんに関するチラシ約4万枚を作成。母・とも子さんの友人である「有限会社ワンクスクリエイション 森たぐい代表取締役」が代表として、捜査を続ける活動費、美咲ちゃんが見つかってからの治療費などを使用用途とする募金口座を開設した。

 

 実はネット上である疑問の書き込みが以前からある。それは、「美咲ちゃんは本当にキャンプ場に来ていたの?」という内容だ。その根拠として、「母親以外に美咲ちゃんに関する証言が何もない。キャンプのメンバーも美咲ちゃんのお姉ちゃんも何も話していない。キャンプ当日の写真も、あれが本当にキャンプ場で当日撮られたという証拠はない。不謹慎だけど、美咲ちゃんは本当にキャンプ場に来ていたのかと疑問を感じる」、「これだけ探して証拠一つも見つからない。警察も捜査してキャンプ場の利用客にも聞き取りをしているはずなのに、不審者や不審車両の報道が皆無に近い。お母さん以外に美咲ちゃんの当日の様子を話している人が全く出てこないことも不思議。本当に美咲ちゃんは来ていたの?」などの指摘がみられた。

 

 一方で、「警察もそれぐらい調べているでしょ。美咲ちゃんが来ているという証拠があるから消防や自衛隊にも協力してもらって大規模捜索をしていた。家族も傷つくし、現場に来ていなかったという説には無理がある」と反論も。美咲ちゃんはどこにいるのだろうか。今は無事に生きていることを祈るばかりだ。 

f:id:imp0201:20191001103220j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。