【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親が「ある批判」に反論のコメント ネット上の反応は…

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、まもなく1カ月を迎える。美咲ちゃんの母親・とも子さんが産経新聞の取材に応じ、ある発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 遭難事故や連れ去り、誘拐事件の可能性があるとみて捜査を進めているが、有力な手掛かりはつかめていない。家族は情報提供を求め、美咲ちゃんに関するチラシ約4万枚を作成。とも子さんの友人である「有限会社ワンクスクリエイション 森たぐい代表取締役」が代表として、捜査を続ける活動費、美咲ちゃんが見つかってからの治療費などを使用用途とする募金口座を開設した。

 

 この動きに、「募金とか聞いたことないよ。懸賞金をかけた方が良いのでは。治療費とかを募金で呼び掛けるのは違和感を覚える」と疑念を抱く意見が多い。また、美咲さんが行方不明以降になってから、とも子さんが髪をカットしてカラーリングしたことに批判的な意見がある。今回同紙の取材に対し、とも子さんは「報道関係者などに説明するために、いなくなったときの美咲の髪と同じ長さにしようと友達に切ってもらっただけ。家族の心情も考えてほしい」と理由を打ち明けた。

 

 この訴えに対してネット上では、「家族の心情も考えて欲しいか。可哀想だと思うけど友人に髪の毛切ってもらえる気持ちがわからない。誰とも会いたくなくなると思うし、髪を切ろうとも考えない」、「居なくなった時の娘と同じ髪型にって発想の意図が分からない。普通なら髪型にまで気が回らない」などの書き込みが。「たしかにキャンプ場の時の会見より小綺麗になってる。母親が犯人とも思わないし行動を批判もする気はないのだけど、ちょっと感覚がずれてる人なんだなと思う」という指摘もあった。

 

 一方で、とも子さんに対する過激な誹謗中傷がSNS上で見られることに、「お母様を疑っている方も多くいるように感じられますが、犯人が別にいたらどうするんですか?髪の毛の件、募金の件等彼女の行動は一般的に疑われても仕方がないような部分もありますが、証拠として疑うべきものは何も出てきていません。今は母親が犯人だと感じられるようなコメントは慎むべきだと思います」と警鐘を鳴らす見方があった。

f:id:imp0201:20191011193103j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。