【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 「居場所を特定した」発言に、大きな反響が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってからまもなく3ヶ月を迎えるが、依然として消息がつかめない。

 

 母親のとも子さんは自身のインスタグラムを更新し、辛い胸中や情報提供を呼び掛けている。コメント欄には激励のメッセージや、心身のストレスを考えてSNSの更新を控えるべきなど様々な書き込みがみられる。 

f:id:imp0201:20191026180950j:plain

 その中で、「東野泰山という、霊能者の方がいるので当たってみてはいかがでしょうか。早く見つかることを祈っております」という質問に対し、とも子さんが「キャンプ場に来て、見てくれましたが、ひどい結果を言っていましたが、はずれていました」と今月16日に返信したコメントが反響を呼んでいる。「はずれていたのは、美咲ちゃんのいる場所?もしそうなら、その場所を調べたのでしょうか?正解がわかるなら、教えてほしい」、「『当たり』は何なんですかね…知りたいわ」、「誹謗中傷というよりも、不信な点や疑問点がありすぎて…。母親の感覚のズレがあるからなのかなあ。自分が目を離してしまったのを、他人に助けていただいて、こういった態度をしてしまうこと。あと『はずれ』って?どういうことでしょう?正解は?知っているのですか?」などの書き込みが見られた。

 

 霊能者の東野氏はYouTubeで「現地透視ついに公開!山梨県キャンプ場 小倉美咲ちゃん透視で居場所判明⁉︎サイキック透視捜索 とうのサイキックチャンネル」という動画を11月1日に投稿している。東野氏は10月9日に道志村のキャンプ場を捜索。警察や消防が捜索を打ち切った数日後だった。動画の中で、「美咲ちゃんのいる場所を(透視)で特定しました」と断言している。ダウジングという方法で現場を回り、1か所にダウジングの反応が非常に強く出て霊気を感じたという。「これは事件だなと強く感じました」と振り返ったが、その土地は私有地のため法律的な観点などで入れず。とも子さんや現場を捜索したボランティアにもこの透視結果を報告したという。 

f:id:imp0201:20191217180605j:plain

 東野氏の透視結果から2カ月以上経過した。東野氏が「美咲ちゃんがいる」と断言した私有地の現場が実際に捜索されたのかは定かではない。ただ、とも子さんは色々な事情があり、このような表現をしたのかもしれない。美咲ちゃんが1日も早く無事に救出されることを願うばかりだ。情報提供は山梨県警大月署(電話0554・22・0110)。