【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 異例の事態に、「不気味すぎる」の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってからまもなく3ヶ月を迎えるが、依然として消息がつかめない。フジテレビ系の報道番組「日曜THEリアル!『特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!』」が15日に放送され、美咲ちゃんの失踪事件も特集された。

 

 数々の難事件を解決してきた元FBIの特別捜査官や専門家たちが、謎に包まれた日本の未解決事件に挑む番組で、美咲ちゃんの母親・とも子さんが出演して美咲ちゃんが失踪した当時の現場の状況や愛娘を見失ったまま、消息が分からない現在の辛い胸中を語った。

 

 番組終了後には、とも子さんのインスタグラムに激励のメッセージが多く寄せられたが、ある疑問の声が。「早く見つかることを願ってます。ただ、他のキャンプ参加者の声がまったく聞こえてこないのが不気味過ぎます。自分の仲間が誹謗中傷の渦中ならば顔出しは躊躇するとして、本人に止められてでも無実潔白と皆様への協力を仰ぐはず。参加者は大人数いたはずなのにたった1人もいない。騒動に巻き込まれたくないのか、もしくは事件に関わってる、とか推測してしまいます。無事に娘さんが見つかったとして今後、今回のキャンプメンバーとまた集まりたいと思いますか?」、「私も同感です。美咲ちゃんを見付けて欲しいならキャンプ仲間もテレビに出て少しでも情報を流すべきでした」などキャンプで共に行動した参加者の証言が必要だったという書き込みがみられた。

 

 この疑問に対し、とも子さんは「友達はキャンプ後もずっと支え続けてくれています。みんなにも子供がいるので、守らなきゃいけないのは同じです。身の潔白はもうわかっておりますよ。潔白でなければ今頃警察が放っておかないと思います」と反論。すると、別のユーザーから「疑う?そんな低い次元の話はしていません。仲間が誹謗中傷されている。嘘つきと呼ばれる。だったら他のキャンプ参加者が顔隠してでも当日の状況話すことで、どうせ犯人母親だろ?と思っている数千人が、もしかして母親が言っていること本当かも、となり情報提供者が増えるかもしれない。娘さんの情報はもちろん大事だけど、その前にお母様、お父様が世間から信用されなきゃ集まる情報も集まらないってことでしょ?それが今、出来てないから他の方の証言も必要じゃないかと思うんですよ」と第3者の証言の重要性を訴えるコメントが見られた。

f:id:imp0201:20191025103911j:plain

 キャンプに参加した家族が美咲ちゃんに関する証言をしていないことへの疑問は、失踪直後から指摘されてきた。とも子さんは自身もネット上で誹謗中傷を受けたために、巻き込んで迷惑をかけたくない思いを強調している。ただ、共にキャンプに参加した第三者が証言することで事件への見方が変わる側面もある。美咲ちゃんの当日の様子を知る上で多くの証言があった方が真相究明につながるという主張は、一理あるだろう。美咲ちゃんが1日も早く無事に救出されることを願うばかりだ。情報提供は山梨県警大月署(電話0554・22・0110)。