【スポンサーリンク】

小1女児不明から2か月…母親が悲痛な訴えも、「ある疑問」の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってからちょうど2カ月が経ったが、依然としててがかりがつかめていない。この日は美咲ちゃんの母親・とも子さんがフジテレビ系「とくダネ!」にキャンプ場から生出演。司会の小倉智昭キャスターから事件性の可能性を指摘され、「どちらか分からないですが、どんな形であれ無事に元気に戻って来てくれればそれでいいと思っています」と悲痛な思いを訴えた。

 

 美咲ちゃんは9月21日午後3時40分ごろに子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。さらにその10分後の午後4時ごろに、美咲ちゃんがいないことに気付き、付近の捜索を始めたが見つからなかった。山梨県警は10月6日に捜索を打ち切り、行方不明者として全国に手配する一方、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査を続けている。

 

 番組内では、自宅で美咲ちゃんの使っていた机やノートなどをそのままの状態にして、とも子さんが美咲ちゃんの分の料理も用意していることがVTRで紹介された。また、自宅のある千葉県成田市からキャンプ場の山梨県道志村まで車で幾度も向かって現場で捜索を続けているほか、山梨県内でチラシを配り情報提供を求めているという。

 

 ネット上では、「お母さんの落ち度があったにしても生活が一変して苦しくて仕方ないと思う。何よりお姉ちゃんが心配です。妹がいなくなり笑顔が消えた家庭で小さな胸を痛めているでしょう。他人が言うことでもないが充分なケアをしてあげて欲しいです」、「有力な情報がなくて家族も辛い日々だと思う。美咲ちゃん、どこに行ったのだろう。神隠しにあったみたいに忽然といなくなることなんてあるのかな。奇跡を信じるしかない。お母さんも大変だと思うけど体調だけは気を付けてほしい」など家族を心配する声が多い。

f:id:imp0201:20191002053612j:plain

 一方で、美咲ちゃん一家と共にキャンプに参加していた家族たちの証言がメディアで報じられていないことに疑問の声も目立つ。「大勢でいたと情報がありますがその大勢の方の証言が出てこないのはなぜなのでしょうか。そこがすごく引っかかります。今となっては誘拐されて監禁されていることを願っています」、「普通であれば、当日参加した他のメンバーから、『あの女の子元気に遊んでいたよ』『私も走っていくのをみた』などのコメントがあるはずですがそれがまったくないのは何故なんでしょう。可能性としては、メンバーは口止めをされている、メディアはコメント撮りしているが放送を自粛している、女の子の姿を確認した参加者がいない…など。真相は分かりませんが、どれであっても事件に近い印象を覚えます」などの指摘も。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。