【スポンサーリンク】

小1女児不明 大規模捜索打ち切りで「ある人間」に心配の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってから16日目の6日、山梨県警が大規模な捜索を打ち切ることを発表した。聞き込みなどの情報収集は継続する。


 美咲さんは9月21日に家族と友人ら7家族計27人でキャンプ場を訪れた。同日午後3時40分頃、先に遊びに出かけた友達を追ってテントを出た後、テント付近の道を1人で歩いている姿を母のとも子さん(36)が確認して以降、行方不明となった。

 

 山梨県警大月署の井上久署長は「最大限の態勢で捜索をしてきた。発見できず、活動に従事した者一同、心を痛めている」と述べた。同署によると、美咲さんの捜索には県警や消防、自衛隊など延べ約1700人が参加。山中や沢、道志川とその下流の道志ダム(相模原市)などキャンプ場周辺の東西15キロ、南北8キロを捜索し、村全域で聞き込みを行った。打ち切りについては、家族とも話し合って決めて感謝の言葉を述べられたという。9月30日には県警が両親の要請を受けて美咲さんの写真を公開。県警には6日朝までに約1900件の情報が寄せられたが、有力な手掛かりは得られていない。

 

 ネット上では、「捜索に当たった方々は警察、消防、自衛隊。ボランティアの方々本当にお疲れさまでした。残念ながらこれ以上山を捜索しても…という思いもありました。美咲ちゃんが本当にかわいそう。神隠しのように消えて…連れ去りや誘拐だったら交番の前にそっと置いてほしい」、「美咲ちゃんは遭難でなくて事件に巻き込まれたと思っている。絶対に迷宮入りさせてはいけない。警察は大変だと思うけど、キャンプ場に出入りした人間を徹底的に調べてほしい」など美咲ちゃんの無事を願う声が多い。

 

 また、美咲ちゃんとキャンプ場に来ていた姉を心配する声も少なくない。「お姉ちゃんも責任を感じていると思います。ケアをしっかりしてあげてほしい」、「お姉さん大丈夫かな。こういう事件であまり周囲から何も言われないけど、妹がいなくなったことは大きなショックを受けていると思う。両親もそうだし、親戚や近隣住民の方もサポートしてあげてほしい」という意見が。妹が突然いなくなった現実はなかなか受け入れられないだろう。姉の精神的なケアも重要だ。 

f:id:imp0201:20190920165024j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。