【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親に直撃した週刊誌報道に大きな反響が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってまもなく1カ月半を迎えた事件で、週刊新潮が母親・とも子さんを直撃取材した記事が大きな反響を呼んでいる。

 

 週刊新潮の報道によると、とも子さんは「いまは取材を差し控えさせていただきたいんです」と語り、理由を尋ねると言葉少なに、もうネットを炎上させたくない、という旨を語ったという。また、美咲ちゃんが行方不明になった後に投稿した自身のインスタグラムで経営するトリミングサロンのハッシュタグをつけたことについて、「宣伝目的ではない」と主張。また、ネット上で拡散されている夫・雅さんとの別居疑惑も、「家を買ってから、ずっと一緒に住んでいます」と否定した。

 

 ネット上では、「匿名でのネットの使い方を考える時期になっている気がする。当事者になった事を考えると本当に恐ろしい」、「ネット社会って本当に怖いです。夫婦仲が悪いとか、母親が殺したとか、美咲はあの場所に行っていなかったとか、すべてウソ。世の中、暇人や冷たい人が多いんだと思いました」など家族に同情的な書き込みが見られるが、別の見方の方が目立つ。

f:id:imp0201:20191025103911j:plain

 「にしても美容院のカラーリングだけは病的だと思う。普通の神経じゃないのは確か。この文章は母親を擁護するようなことを書いているが、批判されるだけのことは十分にしていると思う」、「インターネットは怖いね。それを踏まえて母親も軽率な投稿はすべきではなかった。不謹慎な投稿だと思うし、それに対して憶測が飛び交うのも予想できるはず」、「流石に、母親が犯人までとは思ってないけど…でも擁護の意見を見ても、やはり母親のヘアカラーや、募金の件などの行動には違和感が消えない」と批判的な意見が多かった。