【スポンサーリンク】

小1女児不明 緊急募金呼びかけに「ある違和感」指摘する声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になった事件で、緊急募金の呼びかけに困惑の声が広がっている。

 

 キャンプ場は台風19号の影響で岩や木が現場に散乱して捜索ができない状況となっている。とも子さんは16日に捜索活動の一時中断を決断。報道陣の取材に応じ、「きっと美咲は頑張って『ママ絶対迎えに来て』と思っているので必ず見つけてあげたいです」と胸中を語った。家族は美咲ちゃんに関するチラシ約4万枚を作成し、引き続き情報の提供を呼びかける。

 

 一刻も早く美咲ちゃんの救出を願うばかりだが、緊急募金の呼びかけに疑問の声が上がっている。書面には「捜索募金緊急のお願い」と書かれ、美咲ちゃんの写真が掲載された書面で、母親のとも子さんの友人である「有限会社ワンクスクリエイション 森たぐい代表取締役」が代表として募金口座を開設。募金はとも子さんに全額寄付されるという。

 

  募金の使用用途として、・捜索を続ける活動費、・捜索プロへ捜索費用(依頼費活動費、駐車場費、宿泊費等)・美咲ちゃんが見付かってからの治療費(体、心の治療費)・社会へ復帰するための支援費。注)公的な給付制度もありますが、そこでカバーできない範囲について募金で対応予定と綴られている。

 

 募金の募集期間は今月15日から29日まで。状況によっては期限内での終了、または延期する場合もあるという。振込先の口座が明記されており、とも子さんのメッセージも。「なかなか自宅に帰ることができず、捜索以外何もできない状況です。そのため、募金活動のお話をいただいたワンクスの森様にお願いしました。たくさんの応援をいただいている中、誠に心苦しいのですが、皆様よりご援助いただけると幸いです」と訴えた。

 

 ネット上では、「失礼だけど身内以外の人が募金を呼び掛けているのが違和感。そもそもこういう形で募金とか今まであった?母親が報道陣にこの件を呼び掛けている?見たことないんだけど」、「え?募金?いやいや、母親、自分の不注意って言っていたはず。自分の不注意だと思うなら、募金お願いする事自体おかしいよ。過去、行方不明の子供探すのに募金なんて聞いたことない」と戸惑いの声が。 

f:id:imp0201:20191001103220j:plain

 「何故か不信感しかないです。募金活動も始まったようでが、個人の不注意によって起こった事で募金するのは如何なものなのかと思う。これって自己責任ではないのではないでしょうか。お子さんは早く見つかって欲しいですが、今までお子さんが行方不明になった親御さんが募金を集ったのを見た事ないです。髪も綺麗に染めて、とても子供を探している感じには見えません。 お子さんは可哀想ですが、善意に甘えて厚かまし過ぎると思います。これは自己責任です。捜索費用はご自分で都合するべきです」と厳しい意見もあった。