【スポンサーリンク】

小1女児不明 募金に「アクセスできない」「終わった?」などの声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、1カ月を迎えた。有力な手掛かりがつかめていない中で、母親・とも子さんの友人が開設した緊急募金に「寄付できない」、「サイトにアクセスできない」という声が寄せられている。

 

 「捜索募金緊急のお願い」と書かれた書面は、とも子さんの友人である「有限会社ワンクスクリエイション 森たぐい代表取締役」が今月15日に開設した。美咲ちゃんの写真が掲載され、森代表、とも子さんのメッセージが綴られている。募金の使用用途として、・捜索を続ける活動費、・捜索プロへ捜索費用(依頼費活動費、駐車場費、宿泊費等)、・美咲ちゃんが見付かってからの治療費(体、心の治療費)、・社会へ復帰するための支援費。注)公的な給付制度もありますが、そこでカバーできない範囲について募金で対応予定と書かれている。募金はとも子さんに全額寄付される。募集期間は今月15日から29日まで。状況によっては期限内での終了、または延期する場合もあるという。

 

 ネット上では「募金しようと思ったけど、サイトになかなかつながらない。もう終わったの?それともサーバーがダウンしているの?」、「小倉美咲ちゃんの募金、まだ続いてるみたい、やめたの?とツイートしたら、タイミングがたまたま重なったのか、すぐに『終了のお知らせ』に替わってました。180万円近く集まっているようです」、「サイトは時々落ちて、時々復活してますね。アクセスが多かったとか?」など情報が錯綜している。募金に関して賛否両論の意見があるが、募金したい人から困惑している書き込みが見られた。

f:id:imp0201:20190930063551j:plain
 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。