【スポンサーリンク】

小1女児不明から39日…母親に「ある要望」の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり39日が1カ月以上が経過したが、有力な手掛かりがつかめていない。美咲ちゃんの母親・とも子さんは自身のインスタグラムを更新して、情報提供を呼び掛けたり、ネット上で出回っている情報の真偽を説明していた。誹謗中傷の書き込みが目立ち、23日朝までに最新の記事のコメント欄が閉鎖されたが、過去の記事はコメントが書き込める状況になっている。現在も多くのユーザーが書き込んでいる中で、とも子さんに向けてある要望の意見が綴られている。

 

  「お母さんへ。今はどの辺にビラを配って声をかけていますか?幅広く探すのであれば同じ場所ではない方がいいので、どうせSNS利用するなら日々現況載せていただくとお手伝いされる方々は助かると思います。何の手がかりもないですか?警察は探してくれていますか?」

 

 とも子さんが日々の捜索活動を発信することで、サポートする人たちも効率的に活動できるし、反響も大きくなるメリットがある。また、「擁護、批判…ネット上で討論しているのは結局…みんな美咲ちゃんの事を想ってだと今更ながらそう思います。みんな、気になるから。犯人は誰でもいい。美咲ちゃんが気になる。早く戻ってくる事を願う。そしてその報道を期待する」、「年内で解決するかどうか…。見付かる事が大事。早く終わるといいですね」などの書き込みが見られた。美咲ちゃんが1日も早く無事に発見されることを祈るばかりだ。

f:id:imp0201:20191023100356j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)