【スポンサーリンク】

小1女児不明から1か月…母親にネット上で絶えない「ある意見」とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、1カ月を迎えた。遭難事故や連れ去り、誘拐事件の可能性があるとみて警察が捜査を進めているが、有力な手掛かりはつかめていない。

 

 母親のとも子さんはテレビの独占インタビューに応じたり、新聞取材に情報提供の協力を呼び掛けるなどメディアに向けて積極的に配信している。20日夕方に自身のブログとインスタグラムを更新した際は、その真意を説明。「私が15分捜索するより、15分取材を受けて数万人の方へ見ていただいて、その皆様の目、耳をお借りできたらという思いで取材を受けています。メディアに出る度にたくさんの誹謗中傷を受けます。でもそんな事に気にしている場合じゃないんです。娘が無事に見つかればそれでいいんです。娘が見つかってくれれば、私への誹謗中傷は何でも甘んじて受けます」と綴った。

 

 ネット上では、「美咲ちゃんのためにという気持ちはわかるけど、募金の件とか含めてメディアの出演がプラスに感じているとは思えない。この失踪事件は皆が知っていることだし、無理して出ない方がいいと思います」、「お母さんは誤解されるタイプだと思う。ネットで言葉尻や表情を捉えられて誹謗中傷されている現状を考えると出ない方が精神的にもいいと思う」などメディア出演を控えた方が良いという意見が多い。とも子さんもこれらの意見をくみ取ったうえで、批判を覚悟してメディアに露出しているのだろう。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを願うばかりだ。 

f:id:imp0201:20191019170508j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。